FC2ブログ
  
さて、今日は残念な推理ゲームを紹介します。
なんかいろいろ書いてたらものすっごく長くなってしまった(汗

キャット・ザ・リパー 13人目の探偵士

 原作:13人目の探偵士(著:山口雅也)
 ハード:PSorパソコン

 舞台は英国inパラレルワールド。
 警察が権力を失い、探偵士が捜査する権限が与えられている。
 世間を騒がせる探偵士ばかりを狙う殺人鬼キャット・ザ・リパー。 
 主人公は探偵士ビルのとある一室で目覚める―――。

このゲームは3D本格ミステリーアドベンチャーです。
(だって、箱にそう書いてあるんだもん。)
流れとしては、殺人の容疑をかけられた主人公が、
依頼した探偵士とともに捜査して、
真犯人は誰なのかを推理するお話です。

本格ミステリーというだけに、
推理作家が書いた小説が原作なので、
ストーリーはとてもよくできています。
ゲーム的には、行動範囲が広い脱出ゲームという感じで、
誘導なしに探検することが多いので、結構詰みます(汗
3日目のピンク捜索はよく詰みました><
さらに、ゲームオーバーがいっぱいです。
一発でエンディングにいける人はまずいないと思います。
音楽は普通です。ごく普通。
でも、13人の狩人の唄は耳に残りやすく、
私は結構好きです。
ただどうやって歌うのかはいまだに不明。
なぜなら曲の長さと歌詞があってない(汗

そして長所は声優さんの豪華さです!
ただ、テキストはないので、PS版では聞き逃すと痛いです。

そして、このゲームの最大の特徴であり、
最大の欠点であり、良さ?なのが、3Dです!
なぜなら、登場人物たちがみな残念なポリゴン!
動きはカクカク。ポーズには突っ込みどころ満載。
まぁ、面白いので、いいんですけどね。

突然ダンジョンを探検する羽目になったり、
モンスターが現れたり、
拳銃とか、ナイフとか、鞭とか拾ったり、
小学生にはよろしくない上級者フロアが存在したり、
作者の宣伝がやたら多かったりしますが、
ちゃんとした本格ミステリーなので安心してください。

で、依頼するできる探偵士は3人いて、
探偵士によってストーリーが変化します。
原作は最初ゲームブックとして書かれたので、分岐があるんです。
以下3人のちょっとした説明。
・バーロウ編
バーローではなくバーロウです。

・ルイス編
一番好きなルート。
一応このゲームのヒロインなのかな?
でも、バツイチで愛人もいる気g(ry

・ブル編
下で紹介した動画にないルート
おおまかなあらすじ↓
主人公は目の色からブルー君と呼ばれ、
密室の謎を中心に、
ルイスが凶器を持ち去ったことから、
ルイスを犯人として捜査していきます。
最後は夢オチだったかな?


ここまで長々と説明しましたが古いゲームなので、
PCだとほぼ無理です。
(XPでやろうとしてダメだった記憶が)
PSは中古で手に入るのかな?
そこで、ニコ動に上がっているプレイ動画を三つ紹介します。
見ているだけでも、十分です。
ぜひ、笑って、突っ込んで、草を生やしてくださいな(笑

マイナーゲームのクリアを目指す 「キャット・ザ・リパー」編_01 by岡●



探偵士:バーロウ
マイリスがなかったので、最初の動画を載せておきます。
最初の2~3個はネタバレしてるコメがあるので注意!
プレイ動画なので、セリフかぶりなく、聴きやすいです。
ほぼ最低限フラグだけ立てて進めていて、あまり詰んでません。
ただカットがないのでちょっと長いかもしれません。

探偵クソゲー(230円)を実況プレイ byカルシファー



探偵士:ルイス
最初の2~3個はネタバレしてるコメがあるので注意!
実況なので、主とキャラの声がかぶったりしてます。
全体的にティンコメが多いのでそれも注意です。
一個一個が短めで、カットや早送りがあるので、
全体的短いと思います。

残念系推理ゲーム Cat the Ripper を実況プレイ byぼくら 



探偵士:バーロウ
初見の人は見るのやめておいたほうがいいです。
主の勘がよすぎて序盤から推理しまくってます。
ただ、回収しそこなってる要素や
探偵博物館の解説があります。

初見の場合は岡●さんかカルシファーさんの動画がいいと思います。
ぜひ見てみてくださいね!

最後におまけ↓
探偵クソゲー(230円)のティンを無理矢理耳コピしてみた byCoral



ティンといいかんじの曲のアレンジ。
後半はmadになってます(汗
夜中にこれ聴いて、笑いをこらえるのに必死でした。

・PS版とPC版の違い
PC版にはPS版にはない二つの特徴があって、
一つは主人公の顔。
画面の横に主人公の表情を表す窓があります。
まぁ大して意味はないんですが(汗
ただ、とあるシーンで、主人公の顔が変貌するんです。
シーンよりも主人公の方が強烈な顔なんですよ!
載せるのは・・・やめておきましょうか。
もう一つはテープレコーダー。
今までの会話を記録するという、
推理ゲームらしい機能。
ただし、何度も調べて同じこと言った分もそのまま記録されます(笑
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://akari221b.blog135.fc2.com/tb.php/338-898dab7a